marctimel

長野から日々楽しいくをもっとーにのんびり生活記録

胸がぎゅーっとなる邦画「永い言い訳」を見た

胸がぎゅーっとなる邦画「永い言い訳」を見た

 

 

人気小説家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)の妻で美容院を経営している夏子(深津絵里)は、バスの事故によりこの世を去ってしまう。しかし夫婦には愛情はなく、幸夫は悲しむことができない。そんなある日、幸夫は夏子の親友で旅行中の事故で共に命を落としたゆき(堀内敬子)の夫・大宮陽一(竹原ピストル)に会う。その後幸夫は、大宮の家に通い、幼い子供たちの面倒を見ることになる。

 なんとなく、題名に惹かれて内容を全く知らずに見た映画。

衝撃が多すぎました。

 

心温まるというよりは、見終わったあとすごく切なくなりました。

 

後半につれて、本木雅弘さん演じる幸夫の言葉が深すぎて、号泣。

 

男女、子供、結婚、未婚の方、それぞれが、それぞれの視点で見れる映画でした。

 

 

子役の子の演技がすごい自然です。

 

永い言い訳

 

 


 

 

時間:124分

制作年度:2016年

監督/原作/脚本:西川美和